気ままに絵を描いたり、レビューしたり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みずたまぱにっく。
「みずたまぱにっく。-This is MIZUTAMASHIRO!!- 」は電撃文庫より4巻までででます。
著者ハセガワケイスケ+イラスト七草で「しにがみのバラッド。」と同じコンビです。

マシロはジャージとタオル頭が標準装備の中学二年生の少女。バイト代につられて始めたのは、由緒正しき超名門校の女子寮の“お手伝いさん”だった。その寮には、とくべつな“きらめき”を放つ4人の美少女が住んでいた。個性的な彼女たちとの生活は、もちろん平穏に過ぎるはずもなく。しかも、その女子寮には秘密があって……。

というお話です。これ以上語るとネタバレになりますがコメディありシリアスありでオススメです。
しにバラに通じるところもありますがこれもネタバレなので禁則事項。
要するにしにバラも読んでるとより楽しめますよと。
ただ良くも悪くもハセガワさんらしい作品なので合う人には合う、合わない人には全くという感じです。

いきなりみずたまについて語りましたが理由はこれです。

ドラマCD発売ですよ!!
電撃屋でちゃっかり予約していたので七草さんの書き下ろしペーパー付きです。
さらにさらに「ハセガワケイスケ先生の直筆サイン」が!!ブックレットに!!

予約締切時刻ギリギリに注文してシリアルナンバーが134です。
さてドラマCD化ということで肝心なキャストは
水田マシロ/水橋かおり
跡見 忍/斎藤千和
鳴海千尋/小清水亜美
藤間陽向/松来未祐
涼橋萌流/広橋 涼
涼橋アサミ子/能登麻美子
チビリ/金田朋子
と、結構豪華な気がします。
大体のラノベの映像化やドラマCD化だと想像した声とズレていて残念なことは多いですが
原作読んでいるときに想像していた声とも奇跡的にぴったりなキャストで驚き。
何気に萌流とアサミ子がしにバラのモモとダニエルのドラマCDのキャストと一緒ですよ。
これは最新刊の4巻を読めばどうみてもネタバレです。

2話収録でまだ1話目しか聞いてませんが1巻の秘密がバレるまででした。
時間の都合上端折られてるとこも多く残念。特にハセガワさん独特の詞みたいなのは…。
キャストがぴったりなので原作読んでいてもそうでなくても楽しめると思います。
よっぽど原作スキーじゃない限りドラマCDまでは手を出さないと思うケレド。
忍の「~だお」っていうのが結構印象的でしたねー。

ちなみにハセガワさんの新刊は
来月に「シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。」の3巻(完結)が
1月に新作「天穹のカムイ 」が刊行予定。






ドラマCD「みずたまぱにっく。-This is MIZUTAMASHIRO!!-」ドラマCD「みずたまぱにっく。-This is MIZUTAMASHIRO!!-」
(2009/11/11)
イメージ・アルバム水橋かおり

商品詳細を見る
みずたまぱにっく。―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)みずたまぱにっく。―This is MIZUTAMASHIRO!! (電撃文庫)
(2006/12)
ハセガワ ケイスケ

商品詳細を見る
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

COPYRIGHT(C) 2008-2009 SINPRET ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。