気ままに絵を描いたり、レビューしたり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法遣いに大切なこと
昨日(一昨日)のサークル帰りに映画版(実写)の『魔法遣いに大切なこと』を観てきました。
よしづきくみちさんの漫画版しか知らないんですけどね。
実写ということで地雷の踏む覚悟もしっかりしてからなので普通に観れた。
マイナーで公開からも結構経ってたため客は20人前後でかなり少なかったかな。

現代との違いは魔法が存在するだけという世界が舞台。
鈴木ソラが魔法研修のため東京にやってくるという話。
多少の相違点はあるものの基本のストーリーはアニメと同じ。
正直な感想はなんだこれ・・・うーん・・・はぁ? と微妙な箇所が所々に。
このシーンは必要ないよねとかこのカメラワークはないわーとか。
この心理変化はあるえねーとか色々。
あと魔法遣う場面が地味すぎる。手をかざすだけとかなんなの?ハンドパワーなの?とか思われそう。
でも全体的にいい映画だったかな。ラストはちょっと泣きそうに。

途中で観客の一人がトイレ行こうとしたのか出て行こうとしてたのですが。
入り口と違う非常扉を開けようとして「あれ?開かない!?」と言って焦ってたのに吹きかけた。

ついでに鈴木ソラ(山下リオさん)をらふがき。

少しだけリアル路線で。
タッチが変わるのは仕様ですから。
コメント
コメント
実写になると作品の表現が変わるからこういうことはよくあるだろうね。
まあでも元のストーリーがよければ良しみたいな。
淡い色と線で、やわらかい感じのイラストいいですなぁ。
2009/03/07(土) 01:35:30 | URL | NANO #Hb8WYnzA [ 編集 ]
DBよりは・・・
タッチは変わってても
やっぱりsinpret特有の絵柄だね~!

一色でここまで・・・!
2009/03/08(日) 11:06:00 | URL | WINDOW #TxA5n9P2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック

COPYRIGHT(C) 2008-2009 SINPRET ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。